無料
エロ
動画
【エロ画像】を収集公開。エロ画像満載!!エロ画像をイッパイ楽しもう。
Eカップの立花実来、制服姿から脱いじゃいました
ZAKZAKの大人気グラビアアイドル企画「ZAKZAK 華組ガール」の会員ナンバー5のグラビアアイドルの立花実来(23)が、制服姿から「クリックすれば脱衣」する。

 身長157センチ、B86・W58・H87のEカップのバディー。第1弾としてナース姿から

 好きな男性のタイプは「有言実行、ウソをつかない人がいい」そう。特技はマッサージだという。将来は「演技をやりたい」と語っていた。

rey4576573473785874858

北東アジアの2つの爆弾
北東アジア・太平洋地域には、武力紛争の恐れが大きい場所が2つあります。今回はこれらと日本の関連についてです。

 1つは朝鮮半島。北朝鮮と韓国との紛争です。昨年2010年の3月には韓国軍の哨戒軍「天安」が北朝鮮によって撃沈され、12月には延坪島への砲撃事件がありました。戦争は歴史の中だけの出来事ではなく、いまもって現実の脅威であることが、砲火によって明らかになったといえるでしょう。

 もう1つが台湾海峡。中国と台湾との紛争です。こちらは朝鮮半島とは対照的に、今は小康状態にあります。しかし戦争の脅威がなくなったわけではありません。中国軍は台湾に侵攻する能力を高めています。また台湾側は中国と友好関係をとりもちつつも、万一に備えて中国本土まで届く新しい巡航ミサイル「雄風2E」の製造に入りました(WSJ 2010/12/10)。

 朝鮮半島と台湾海峡で、それぞれ韓国と台湾の側に立って介入する能力をもち、それによって戦争を抑止しているのがアメリカです。昨年の普天間問題で注目された沖縄の海兵隊も、この文脈で存在します。参議院の外交防衛委員会の議事録によれば、こうです。

(在沖海兵隊)三一MEUの想定される任務は、朝鮮半島危機、台湾海峡への抑止と初動対応……などが考えられるわけであります。

……ロードマップが作成される過程での在日米軍再編協議では、三一MEUを本土や国外に移設したケースなど、いろんなシミュレーションがなされておりました。そこで出てきた最大のかぎは、三一MEUが紛争地域まで展開する際の所要時間でありました。

三一MEUは、沖縄から台湾、朝鮮海峡へは一日で展開できます。ところが、日本本土の富士へ例えば移動した場合には、朝鮮半島には二日、台湾には三日掛かります。……朝鮮半島有事や台湾海峡有事の際の邦人救出作戦、他国の軍隊が宮古、石垣、尖閣などの先島諸島に上陸を試みようとする場合には、一日、二日の遅れが致命傷となるわけであります。

したがいまして、三一MEUが県外移転された場合抑止効果は著しく低下することになるため、三一MEUは日本の抑止力維持のために沖縄に駐留する必要があるわけであります。

参議院会議録情報 第171回国会 外交防衛委員会 第11号
 朝鮮半島と台湾海峡の2つの爆弾をめぐり、もしも戦争になった時のために、できれば自国に都合の良い形で戦争を抑止するために、関係各国は備えています。わけても半島と海峡の両方に介入できるアメリカは、地域の安定に大きな役割を果たしています。

恐妻家も捏造か!? 宮迫博之に元アイドルとの密会発覚で「実は良妻」の疑惑浮上!
雨上がり決死隊の宮迫博之が元タレントの女性宅から朝帰りする様子が、28日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)にスクープされた。同誌によると、昨年12月初旬の深夜、女性が自宅にタクシーで帰宅後、宮迫が別のタクシーで10分遅れで到着。帽子とマスク姿でインターホンを押し、マンション内に消え、朝帰りしたという。その後も多い時は週2回ほど訪問していたらしい。

気になるお相手の女性だが、記事では「Mさん」とされており、名前は明かされていない。しかし、人気バラエティー番組『あいのり』(フジテレビ系)の出演経験があり、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属でグラドルユニット・YGAのメンバーだったということは明かされており、これらのヒントからこの女性が「木村まみ」の名でタレント活動をしていた女性ではないかと思い浮かぶ。ネットでの反応もほぼ同じようで、28日午後のグーグル最新検索ワードランキングでは「木村まみ」「YGA」が共に1、2位を獲得している。

 木村まみは、『あいのり』終盤に登場した自称"チェリーガール"で、愛称は「まぁみん」。現在22歳だ。同番組卒業後は吉本所属のグラドルとして活躍していたが、チェリーで売っていたわりにはスタッフや共演者との淫らな関係がウワサされ、昨年5月末に「一身上の都合」というお決まりの文句で芸能界を引退している。現在もアメーバブログのみ更新を続けていたが、1月24日以降、更新は途絶えている。

 ともあれ宮迫の浮気相手が現役アイドルだろうが元グラドルだろうが、心配なのは彼の家庭事情だ。なんと言っても彼は芸能界でも屈指の恐妻家として知られている。連日のように浮気相手の家に通っていた事実が報道されたら、さぞ奥様はお怒りになるに違いない。

しかし、どうもそれはお門違いの心配なようだ。あるテレビ局関係者はこんなことを語ってくれた。

「確かに世間では恐妻家として知られている宮迫さんですが、それもほとんどネタといったほうが適切かもしれません。実は良妻だともっぱらの評判ですよ。あれだけレギュラーを持っていれば当然お金は相当入るはずですし、その上、奥さんまでデキた人柄だったら、視聴者から変な嫉妬の目を向けられかねませんからね。一時はハゲネタで視聴者の同情的好感を得てましたが、それも自身のコマーシャルする育毛シャンプー『スカルプD』のおかげで幸か不幸か今はフサフサ。歌もうまくて顔もそこそこ良い、俳優業をやっても好調な宮迫さんにとって、唯一"恐妻家"というのが視聴者に訴えることのできる同情ポイントなのかもしれません」(テレビ局関係者)

 さらにこの関係者は芸人の中でも抜群にモテるのが宮迫だという。金も名誉も人気も手に入れた宮迫。何とも羨ましい話だが、クレバーな宮迫は自分に「恐妻家」という演出を施すことで、そうした側面を見えなくしたということなのだろうか。

「昨年、いろいろな番組で"恐妻家特集"が組まれ、ブームになりました。その流れに乗ったのがノッチやモンキッキーです。彼らの場合は芸人として不甲斐ない自分を補ってくれる存在として奥さんをネタに恐妻家を装ったわけです。恐妻家とは言っても、彼らの奥さんは皆、人気が低迷して収入が減っても、夫を必死で応援している良妻なのです。そうじゃなきゃとっくに見切りを付けているはずですから」(前同)

 他にも恐妻家として有名な芸能人は多い。次長課長の河本準一や俳優の峰竜太などがその例に挙げられるだろうが、いずれも実態を見れば、妻が恐妻と化す原因は明らかに彼らの度が過ぎる女遊びにあると思われる。「女遊びも芸のうち」なんて言葉があるが、芸人の妻というのはそういった覚悟も含めて、彼らの妻になる決意をするのだろうか。

 今回、週刊誌にスクープされてしまった宮迫も、そんな妻の存在があるからこそ人気者でいられるのだ。女遊びもいいが、宮迫には家族のためにも今後は決して一線を越えない程度にしてもらいたい。

本命チョコ作る!優木「いい恋をしたい」
タレント、優木まおみ(30)が18日、都内で行われた花粉症対策の人気ジェル「クリスタルヴェール クール」(エーザイ)のPRイベントにお笑いコンビ、スピードワゴンと登場。「05年の大量飛散の時から花粉症。このジェルで花粉症を防いで、今年の春はいい恋をしたい。もうすぐバレンタインデーなので、本命チョコを作って贈りたい」と今は“フリー”を強調!?

er63467347reyeryery


森崎友紀
“美人すぎる料理研究家”として活躍中の森崎友紀

tyu568569turturtu

神戸写真
神戸写真 ふぉとにゃー http://kobefhotonya.iinaa.net/
グランドキャニオン
写真グランドキャニオン http://grandcanyon.ninpou.jp/
copyright © 2005 Powered By DTI BLOG allrights reserved

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close