無料
エロ
動画
【エロ画像】を収集公開。エロ画像満載!!エロ画像をイッパイ楽しもう。
平田裕香
平田裕香

裕香ちゃんの決意を込めたセクシーショット!!

tyi679569tiytiytototyo

「中傷記事をお願い!?」水嶋ヒロバッシングに見る前所属事務所との遺恨
水嶋ヒロの処女作『KAGEROU』を出版するポプラ社が20日、同社のホームページに「一部週刊誌の報道について」とする抗議文を掲載した。一部週刊誌とは水嶋のバッシング記事を掲載した「週刊ポスト」(小学館)と「週刊女性」(主婦と生活社)だ。

 前者は「水嶋ヒロ ベストセラー処女小説68万部の『八百長美談』全内幕」と題し、大賞受賞は"やらせ"だったと主張。後者は水嶋が辞退した大賞賞金2,000万円のうち、500万相当の書籍を豪雨被害のあった奄美大島に寄付したことについて「ありがた迷惑」と断じた。

 これにポプラ社は双方の記事を「事実無根」とし、厳重抗議することを明らかにした。あるマスコミ関係者は「『ポスト』の記事は相当念入りに取材した形跡が見て取れ、ポプラ社の抗議は『もうやめてくれ』という声のように聞こえます。一方の『週女』の記事ですが......これは業界内でも『えげつない記事だ』と物議を醸しました(笑)」と語る。

 寄付した500万円相当の書籍について、奄美大島の住民が「ありがた迷惑」と困惑しているという「週女」の記事だが、一体誰に聞いたのか疑問が残るところだ。それ以上に、このような分かりやすいバッシング記事が掲載されるのは稀なこと。その背景について、スポーツ紙デスクは水嶋が大手所属事務所「研音」を辞めたことを挙げ、次のように解説する。

「水嶋は"円満退社"を主張していますが、実際は事務所に無断で歌手の絢香と結婚したことによる"クビ"ですよ。研音としては、その後小説家としてブレイクした水嶋が気に入らない。そこで懇意にしている女性誌に彼のバッシング記事をお願いしたのではないのでしょうか?」

 仮に水嶋がそのまま「研音」所属であれば、このようなバッシング記事は「絶対に出なかった」(同デスク)という。後ろ盾がなくなった水嶋には、容赦ない攻撃が今後も繰り返されそうだ。
吉木りさ
吉木りさ

キャンパスナイトフジを卒業したりさちゃんが魅せるキューティーセクシー!!

furtu687568568569659

「魔法少女☆未満」夢眠ねむ“でんぱ”飛ばします♪
夢眠ねむ ゆめみ・ねむ 1987年7月14日生まれ、三重県出身 170センチ、B86・W58・H88

 ライブ&バー「秋葉原ディアステージ」の夢眠ねむです。でんぱソングユニット『でんぱ組・inc』に所属しています。長身を生かしてモデルをしたり、声優さんの勉強もしています。

 週末や深夜はDJねむきゅんとして、秋葉原MOGRAというクラブを中心にDJをしています!

 ひとりで寿司屋に行くのがすきです。冬になったので寿司屋で食べる白子の天ぷらが1番のブーム☆ あとはtwitterは手放せないほどはまってます。@yumeminemuフォローしてください。初のソロシングル『魔法少女☆未満』発売中です!

uio78097808708oiuyo

マドンナこそ本物のサンタクロース!孤児院におもちゃやお菓子、洋服と盛りだくさんのクリスマスプレゼント!
マドンナが、養女のマーシーちゃんの故郷でもあるアフリカ大陸南東部に位置するマラウイ共和国の六つの孤児院におもちゃやお菓子、洋服などのクリスマスプレゼントを贈ったとUs Weekly誌が報じた。マラウイ共和国には、2万5,000人ほどの孤児がいるというが、マドンナは彼らのサンタクロースとなったようだ。

 12月25日、クリスマスの日に、マドンナがマラウイ共和国の孤児院へ贈ったプレゼントには、「クリスマスの日にマラウイの子どもたちへ。あなたたちのそばにいたいわ。またすぐに会いましょう」というメッセージが添えられていたという。マドンナは、マラウイの子どもたちに、おもちゃやお菓子、洋服などを贈った。

 ピープル誌は、マドンナが2006年に養子としたデイヴィッドのいた孤児院の所長が「なんて親切な人なんだ!」と感嘆の声を上げていたことを伝えている。マドンナサンタの出現で、マラウイのクリスマスは心温まる一日になったことだろう。

copyright © 2005 Powered By DTI BLOG allrights reserved

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close