無料
エロ
動画
【エロ画像】を収集公開。エロ画像満載!!エロ画像をイッパイ楽しもう。
林弓束、“やりすぎ”大胆脱ぎ脱ぎポーズ
 テレビ東京系「やりすぎコージー」(月曜後9・0)の8代目やりすぎガールで人気急上昇中のタレント、林弓束(ゆづか=23)が初DVD「ゆづか」(ラインコミュニケーションズ、3990円)を発売した。

 沖縄の青い空と海を背に、バレエで鍛えた1メートル61、B86W59H84のしなやかな肢体を色とりどりのビキニで披露。癒し系のほんわか笑顔と、テレビでは見られない大胆ポーズで、彼女の虜になること間違いなし!!

 今年の「湘南ベルマーレ・クイーン」にも選ばれ、サッカー界の女神として活躍中だ。

4574rututrirtirtuu

手島優にドキッ!布…小さすぎない!?
バラエティーで人気急上昇のグラドル、手島優(25)がDVD「ユウ×ワク●(=ハート)」(ラインコミュニケーションズ、3990円)を発売。沖縄の太陽の下、1メートル65、B95W56H86の完熟ボディーを極小ビキニに包み、Iカップ爆乳を見せつけた。手島は「おっぱいがめちゃくちゃ揺れていて、爽やかなエロが見られます。これまで挑発的なDVDが多かったので、癒し系で新鮮ですよ」とPR。8月1日午後4時から東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館、同6時から石丸ソフト本店で発売記念イベントを行う。

eryeryreyertret

45rtyeryreyrey

森下悠里、女優業初主演イベントで厳しいグラドル界の“実情”嘆く
人気グラビアアイドル森下悠里が初主演したVシネマ『人生逆転ゲーム』(8月6日DVDレンタル開始)の上映会が30日、都内の映画館で行われた。女優として初主演を務めた森下は「責任を持ち、いい緊張感で撮影する経験ができた」と満足げ。一方、本業のグラビアを取り巻く環境の話題には「最近は、本当に厳しい…撮影のほとんどがパブリシティ(ギャラ無し)です」と嘆きながらも、女優業と共に今後も35歳までは「グラビアを続けたい」と力を込めた。

 自身の武器であるGカップ(バスト90)を強調した“私服”姿で登壇した森下は、人見知りの性格を明かした上で、共演した正木蒼二、田中俊ら男性キャスト陣との仲について「気遣ってもくれたし、男心とは? といった相談にも乗ってもらいました」と、撮影を重ねながら打ち解けていった様子。そのぶん、リラックスし過ぎたのか「実は、撮影中に寝ちゃったこともありました…」と、失敗談も披露した。

 作品はギャンブルとホストに狂った女性・佐紀(森下)ら、借金まみれの8人の男女が、命を担保に不条理なゲームに挑む姿を描いた。佐紀のように“大借金”を抱えた際の対処法を聞かれた森下は現在、所属事務所との契約が“固定給”であることに触れた上で「自分で会社を作って、セクシー写真を売りまくる!」と、自身の体を武器に乗り越える考えを語っていた。

er76346eryeruyerueu

女優でモデルの佐々木希(22)が28日発売の女性誌「an・an」(マガジンハウス)で、魅惑のランジェリー姿を大胆披露している。
女優でモデルの佐々木希(22)が28日発売の女性誌「an・an」(マガジンハウス)で、魅惑のランジェリー姿を大胆披露している。

 「オンナノカラダ」特集で表紙を飾ったのぞみんは、巻頭でも白、黒、赤と表情の違うランジェリー姿で“挑発”。好きな下着の色について「セクシーさで選ぶなら、断然白。ピュアな白には秘められた色気がある」とアピール。特技の新体操で培ったウエストのくびれや、くっきりした胸の谷間も完ぺきだ。

 最高の出来ばえに佐々木は「『an・an』の表紙をやらせていただいて、とてもうれしかったです。ランジェリー姿での撮影は恥ずかしかったですが、とても素敵な写真になりました」と瞳を輝かせている。

tewt43623465wetwe

パラグアイ美女、選手たちにご褒美ヌード
W杯南ア大会で「世界の花嫁」「携帯電話のラリッサ」などと世界的に有名になったパラグアイの女優、ラリッサ・リケルメさん(25)が公約通り、地元新聞紙上で「選手たちへのご褒美」としてヌードを披露。身長1メートル70、B90W60H94の見事な肢体を惜しげもなく公開した。

 リケルメさんは3日に行われた準々決勝スペイン戦直前、「パラグアイ代表が優勝したら裸で街中を走る」と公約。チームは0ー1で惜敗したものの、今度は「国中を歓喜に沸かせてくれたから、選手たちにヌードのプレゼントを贈る」と話していた。

 リケルメさんは、パラグアイ代表の試合のたびに、首都アスンシオンのパブリックビューイングで応援。バストの谷間に携帯電話を差し込んで熱狂する姿が、各国のニュースサイトや大衆紙のトップ写真を飾り、日本でも「美しすぎるサポーター」として特設サイトができていた。

rtu45754reyeryeryery

ew6346ewweywy

水樹奈々、アンコールで涙も…西武ドーム公演
人気声優、水樹奈々(30)が25日、埼玉・西武ドームで「NANA MIZUKI LIVE GAMES2010」の2DAYSの2日目の公演「BLUE STAGE」を行った。声優界初のオリコンシングルウィークリーチャート第1位に輝いた「ETERNAL BLAZE」や、ニューアルバムなどからアンコールを含む26曲を、詰め掛けた2万7000人のファンの前で熱唱した。

 水樹のパーソナルカラーである青のサイリウムが多く揺れる中「今日のステージは昨日以上に熱いです。みんな覚悟はできてる? 今日は思いっきり飛ばしていくよ!」の掛け声にファンのボルテージは一気に最高潮に達した。

 昨年に続き、西武ドームでのライブ開催となった水樹は「今日は凄くみんなのパワーを感じて気持ちいいです。去年初めて西武ドームでのライブに立って、今年またこの場所に戻って来ることができてうれしいです」と感慨深げに話した。

 CDデビュー10周年になる水樹は「デビューして10年という時間はあっという間でした。みんなの笑顔を見るたびにいつもパワーをもらって、もっともっといいものを作りたい、驚かせたいという気持ちでいっぱいになります。素敵な歌と元気を送れるように頑張っていきます」とメッセージを贈った。

 4時間で26曲を熱唱した水樹は再アンコールで「7月7日」を歌い終わった後には感極まり目に涙を浮かべる場面も。来年1月22日、23日にはフルオーケストラをバックに横浜アリーナでのコンサート開催も決定。初の自伝やPV集も発売することも決まっており、今後も彼女の活躍から目が離せない。

sdgwet23452346346

中野腐女シスターズ 喜屋武ちあき
中野腐女シスターズ 喜屋武ちあき
3月13日生まれ、バスト90cm・ウエスト59?・ヒップ86cm

reyeryerueryrtyrtyrty

キャメロン・ディアス、 “一夫一婦制なんてムリ。5年で相手を換えるのが理想よ。”
恋多き女として知られ、しかし誰と熱愛しても結婚の文字がチラつかない、女優のキャメロン・ディアス(37)。彼女は生涯一人の男性を愛し、人生を共にしたいという “モノガミー(一夫一婦制)” の考え方には反対のようだ。

キャメロンとの熱愛が発覚した、あるいは交際が噂された相手として、有名なところでは、マット・ディロン、ジャレッド・レト、ポール・スカルフォー、ジョン・メイヤー、ジャスティン・ティンバーレイク等々。現在彼女はニューヨークで、アレックス・ロドリゲスとラブラブにやっている。

自由奔放なキャメロンが、今後も手広く相手を求めて恋に溺れるも良し。これぞホンモノと感じられる相手を見つけたら、そこで結婚するも良し。一生その男性を愛し続けるのなら尚良し、といった所であるが、その “一生その男性を” という言葉がどうも気に食わない様子だ。

この度雑誌『Stylist』とのインタビューにおいて、キャメロンは「18歳の時に情熱的な恋をすると、この人こそ私の人生の全て、なんて思ってつい早まった結婚をしてしまう。何てバカバカしい。勘違いもいいところよ」と語った。

「人生80年よ。たった一人の相手を愛し、共に生きていくことが出来る…心からそう思っている人なんて本当にいるのかしら、おおコワイ。」

結婚しないカップルが増えていることについては、「この先30年、いえ20年、毎日同じ相手とベッドに入ると考えるだけで、“きっと飽きるだろうな” って思わない? これで委縮してしまうなら結婚はムリだってことよ。」とのこと。

「人としての愛情は永遠に続くこともあるわ。でもベッドを共にし、ずっと一緒に暮らすかというと、これはまた別の問題なの。5年でワンクール、5年後には相手も人生もちょっぴりリセットする。私はこれでいいと思っている。人生は長いんだし、楽しく生きなくちゃ。」

魔性の女と呼ばれ、共演者を次々と虜にして来たペネロペ・クルスやアンジェリーナ・ジョリーも、今では一人の男性との愛が永遠のものとなるよう努力をしている。同世代の彼女たちの幸せな様子に、キャメロンはちょっと突っ張ってしまったか。それともマジで5年毎の「とっかえひっかえ」を望んでいる?
copyright © 2005 Powered By DTI BLOG allrights reserved

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close