無料
エロ
動画
【エロ画像】を収集公開。エロ画像満載!!エロ画像をイッパイ楽しもう。
あややがブログですっぴんを披露 ファンからは絶賛の声
歌手の「あやや」こと松浦亜弥(23歳)が、自らのブログ『AYAblog』ですっぴん姿を披露し、コメント欄には「すっぴんのあややカワイイ!」のコメントが殺到している。

松浦がすっぴんを披露したのは1月15日のこと。この日、「米米クラブのライブに行った」という松浦は、ライブ後に撮った米米クラブのボーカル・カールスモーキー石井との2ショット写真を掲載し、さらに
「とてもとても寒い日が続いております。
皆様、風邪など引かないように。
私は今、こんな時間(※筆者注 午前2時32分)から
『ぜんざい』を
食べるか、我慢か考え中
どーしようかな????」
(一部略)
という書き込みと共に、片手で顔を半分程度隠したすっぴん姿を披露した。

するとこの写真を見たあややファンたちはこれに敏感に反応し、ブログのコメント欄には
「すっぴんも可愛い」
「やっばい。超美人〜・・・」
「すっぴん亜弥ちゃんめちゃめちゃ可愛いです」
「やったー、亜弥ちゃんのスッピンが見れた!」
と、松浦のすっぴんを激賞するコメントが殺到。松浦はその後ブログを更新していないが(19日現在)、彼女のブログは『スタ☆ブロ』の総合ランキング2位となっている。

松浦以外にも、過去には矢口真里や中川翔子、さらに「美くし過ぎる市議」として知られる八戸市議の藤川優里議員などがブログですっぴん姿を披露し、その都度話題を呼んでいる。すっぴんというのは選ばれた人間にしか拝めないベールに包まれたものなだけに、「女子のすっぴん」に食いつく男子はきっと多いはず。好きな芸能人のすっぴんを見たければ、ブログをこまめに覗くしかない!



巳奈都子、ノーブラ恥ずかしいけど見てね
女優の辰巳奈都子(22)が、30日に写真集「メモリー」(ワニブックス、3150円)を発売。撮影は昨年11月に鹿児島・奄美大島で。1メートル58、B82W56H82の完璧ボディーを限界ギリギリまで露出。「寒さとの戦いでした。ノーブラやすっぴんのカットもあって恥ずかしいけど、見てもらいたい」。発売イベントを30日午後1時から東京・福家書店新宿サブナード店で行う。



倉科カナ・小島聖・常盤貴子。毎日“巨乳美女”に囲まれる、許されざる!長塚圭史
昨年、長年独身を貫いた人気女優の常盤貴子と結婚し、その不釣合いな“冴えない男”ぶりが、「サヨナライツカ」中山美穂の夫・辻仁成以上に疑問視されている、俳優で演出家の長塚圭史。彼の主宰する劇団・阿佐ヶ谷スパイダースの新作『アンチクロックワイズ・ワンダーランド』(作・演出、長塚圭史)が演劇のメッカ、東京・下北沢の本多劇場で目下公演中だ。あまり話題になってないが、この舞台に並々ならぬ“色気を発する”ボイン女優がいた…。

 話題の劇団である上に今回の結婚が重なり、いつも以上に大盛況な(公演が行われている)本多劇場のロビー。長塚と過去共演歴のある女優(麻生久美子や水野美紀など)の豪華な花が並び、なぜか俳優の大東俊介の花がドドン。その隣に小ぶりでカワイイ花があり「倉科カナより」と書いてあった。どうもNHK朝の連続テレビ小説 「ウェルかめ」で長塚と共演していた縁らしい。
 この「ウェルかめ」、低視聴率ながらけっこう面白いのだが、長塚の役どころは、主人公ナミと結婚寸前までいくけどフラれる「当て馬」みたいな役。彼はこの朝ドラ出演で「常盤貴子の夫」として、とうとう全国に顔が知られてしまい、「なんでこんなハゲあがった男が常盤貴子と!?」だとか、「父ちゃん(長塚京三)の方がよっぽど男前だろ!」など、ネットでさんざんな言われよう。しかもこの人、芥川賞作家の柳美里先生から「糞ツマラナイ芝居をやってる男!!」とブログで罵られたり、「教育的でもない内容なのに何でだ?」と文化庁管轄の助成金をもらえなかったライバルの劇団から文句を言われたり、なにしろ「叩かれやすい体質」をしている。本人の知らないところでというのがまたキモなのだが…。

 話題の新作『アンチクロックワイズ・ワンダーランド』がどうなのか? というと、まあまあの出来。チケットもほぼ完売状態なので堂々とネタバレするが、初老のミステリー作家(光石研)が、一夜を共にしたファンの女(小島聖)の落下事件を元にした、最近よくある脳内ストーリー。「ブラック会社〜」の映画でワーワーうるさかった池田鉄洋が静かだったり、「渡る世間〜」の馬渕英俚可がハスッパ娘だったり、内田亜希子が可愛かったり、まあいろいろだが、爪の先から髪の毛一本まで「女のツヤ」を思わせる小島聖。ラストはほとんど”まばたき“しないという熱演ぶり。ボインで腰の位置が高いのは知っていたけど、あんなに綺麗だとは思わなかった。声もキレイ。暴動を恐れてか、長塚本人の登場はナシだ。

 “阿佐ヶ谷スパイダース”という面白そうな名前のわりにはあんまり弾けてないので、記者はちょっとガッカリしたが、長塚の演出は若手にしては品があるし、決して柳美里先生言うところの「糞ツマラナイ」劇でもない。「毛皮族」や「ポツドール」のようなサブカルチャー的な要素は意外に低く、地味でマジメな劇だった。

 それにしても、地味で温厚そうなたたずまいとは反対に、巨乳グラビア・アイドル倉科カナとサブ恋人役で共演し、色っぽい小島聖に舞台の稽古をつけ、家では常盤貴子が裸エプロンで待っている(?)という、長塚圭史の“ひとり巨乳祭り”生活。うらやましいを飛び越えて、世の男性諸君は「殺意さえも」抱きやしないか?







岡村隆史、「今年は勝負」 のはずが、新年早々に婚活失敗!
お笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史が1月6日、婚活目的で合コンを行ったが失敗していた。よしもとオンラインの中で当時の状況が流されており、生々しい岡村隆史の報告がされた。よしもとオンラインの番組「こちら週刊COWOO!NEWS編集部」の2010年1月6日放送分、「地上波では流れない!東西芸人ニュース合戦SP!」で中継された内容は次のようなものだ。番組で芸人のタンク(シンクタンク)に携帯をかけたところ、ナイナイの岡村と合コンの最中だった。
グラビア アイドル
グラビア アイドル http://blog.livedoor.jp/idol19/
copyright © 2005 Powered By DTI BLOG allrights reserved

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close